株式会社設立を代行・千葉県・福岡県

株式会社の設立

お役立ち情報&ブログ  > 2010年05月

2010年05月31日

会社の実印の届出について

今日は初歩的なことではありますが、会社の実印(印鑑)についてです。

会社を設立する際には、会社の代表取締役が使用する印鑑を法務局に届出しますが、この印鑑が会社の実印(代表者の実印)ということになります。

また、会社の実印であることの証明を印鑑証明書といいます。

会社の設立時には、役員及び発起人個人の実印と会社の実印の両方が必要(取締役会を設置する会社等、例外はあります)な為、混同されがちです。

個人の実印は、市役所や区役所に届出をされた印鑑ですが、会社の実印は法務局 に届出をされる印鑑と言う違いがあります

なお、会社の実印届出には、印鑑届書という用紙に会社の実印を押印しますが、印影ににじみや欠けがあると法務局で受付して貰えない場合がありますので、ご注意ください

それから、会社の印鑑証明書は、実印の届出をしただけでは、発行されません

個人の場合と同様に、印鑑カードが必要になります。これは、登記完了後に、印鑑カードの交付申請書を提出して発行されるものになります。

従いまして、順番的に会社の印鑑証明書は、登記審査完了後でないと発行されな いものになりますので、念の為、ご留意ください。

この様に、設立登記を完了した後にも、法務局へ行かなければなりませんので、 地味な部分ですが、意外と手間が掛かります(当事務所のフルサポートプランは、 印鑑の届出や印鑑カードの発行、登記簿謄本の発行(実費分除く)手続きも全て 無料サービスとなっております)。

あまり面白みの無いテーマではあると思いますが、この部分を解説したホームペ ージはあまり無い上に、比較的良く受ける質問でもありましたので、今回解説さ せていただきました。

会社設立無料メールセミナー

株式会社設立で損しない為に!
株式会社設立を成功させるための急所を5日間に渡ってメールでお届けします。是非参考になさって下さい!
お名前
メールアドレス

最近のエントリー