株式会社設立を代行・千葉県・福岡県

株式会社の設立

お役立ち情報&ブログ  > 2007年12月

2007年12月22日

日本語ドメインの取得について

今年もいよいよ残り僅かとなってきました。何とか2007年度中に会社を設立したいということで、ここ数週間は大急ぎでのご依頼が特に増えております。

昨日は、株式会社の設立を一日で全て完了させるという 新記録を作ることができました。

ただ、これは私だけの 力ではなく、お客様のご協力があったからこそ成し得たことです。 本当に感謝申し上げます。

さて、今回は、前回お伝えしたように「早い者勝ち情報その2」を お届けいたします。

ホームページを作る際に、まず最初にホームページの アドレスを取得しますが、今回はそのアドレスの取得 についてです。

アドレスを取得するには、ドメインと呼ばれるインター ネット上の住所を決めなければなりません。

ドメインをもっと具体的に言いますと、ホームページアドレス(=URL)が 「http://kabu-kaisha.com/」の場合は、最初の 「http://」と最後の「/」を取った部分、つまり「kabu-kaisha.com」が ドメインとなります。

このドメインをローマ字ではなく、日本語にすることが 出来るのですが(これを「日本語ドメイン」といいます)、 ドメイン販売会社の中でも最安値と言える価格でドメインを 取得出来る「ムームードメイン( http://muumuu-domain.com/ )」 から今月上旬ついに、日本語.jpドメインに続いて、日本語.comと 日本語.netドメインが販売となりました。

この日本語ドメインの利点は、主に次に2点です。

1.日本語ドメインを取得している人が、まだまだかなりの 少数派なので、他との差別化!?になり、目立ちますので、 クリックされる確率が高まります。

2.ローマ字のドメインと日本語のドメインを比べた場合に、 日本語ドメインの方が、訴求点が明確になります。
例えば、[http://kabu-kaisha.com/]よりも、[http://株式会社設立代行.com/]の 方が、どんな内容のホームページなのかが、良く分かると思います。

しかし、この日本語ドメインは、早い者勝ちです。

私も ムームードメインから告知をされたその日に、日本語ドメインを 10個ほど確保したのですが、どうしようか考えている 4時間程の間に検討中の3つの日本語ドメインを別の人に 取られてしまいました。。(T T)

一つのドメインが950円と格安ですので、とりあえず キープしておくというのも一つの方法です。

ただし、SEO(検索結果の上位に表示させる技術)上は、 プラスに働くという意見と、マイナスに働くという両方の 意見があり、私自身もこれから検証しようとしている段階ですので、 何とも言えません。

ただ、ホームページの宣伝を、主にPPC広告(ワンクリック 幾らという方式で課金されるインターネット広告)でする場合には、 かなり有効だと思います。

PPC広告(代表的なのが、オーバーチュアやアドワーズ)は、 宣伝をする文字数が限られており、伝えたいことを全て 伝えるのは難しいのですが、ドメインも表示されるため、 ドメインを伝えたい内容の日本語にすることによって、 宣伝に使える文字数がその分だけ他より増えることになります。

また、目立ちますのでクリック率が上がります。


今回は、ここまでです。

2007年12月12日

携帯サイトでの集客方法

『今が狙い目の広告』について
もしかしたら、一度ぐらいは聞かれたことがあるかもしれません。

「これからは、携帯ビジネスがいいらしいよ」という言葉を。。。

今日は、私の実例と共に何が良いのかということについてお話を してみたいと思います。

今、携帯サイトを後述するある方法で登録すると、PCとは 比較にならない位簡単に、検索結果の上位に表示することが出来ます。

携帯サイトは、少し前までは携帯会社の公式サイト以外の 一般のサイトでは、検索結果に表示させることが困難でした。 SEO(検索結果の上位に表示させるための手法)とも関係ない ようでしたので・・・。

それが、今年の6月4日にヤフーがモバイル版のビジネスエクスプレス(http://bizx.yahoo.co.jp/)というサービスを 始めてから状況が一変しました。

今現在、このサービスを使って登録をすると、需要の多い ビッグキーワードを除けば、登録さえされれば殆どが、 検索結果の1ページ目に表示されるという状態となっています。

私の携帯ホームページ(http://daikoupro.com/)は、 1ヶ月前に登録しましたが、登録されたその日に「許認可」と いうキーワードでトップ(現在は2位)、「会社設立」という ビッグキーワードで3位(現在は11位(T T))というPCでは 信じられない結果でした。

これは、何も自慢をしたいからお話をしたのではなく、 登録さえされれば、SEOとか内容などに関係なく、 即日検索結果に反映されるという事実に着目して頂きたいのです。

しかも、携帯サイトの素晴らしい点は、携帯の画面が小さく、 PCの様な凝ったデザインが作りにくいので、サイト作成の 初心者とプロのデザイナーが作成したサイトとの差がつきに くいという点です。

簡単に作れて、パソコン初心者でもプロと互角に近い勝負が 出来る広告は、他ではそうそう無いのではないかと思います。

20代以下の年代では、PCより携帯サイトを見る時間の 方が長いと言われていますし、それ以外の年代でもサイトを 閲覧する時間に占める携帯の割合が増えてきているそうです。

ですので、広告媒体の一つとして検討してみる価値は、 大いにあると思います。

しかし、この簡単に検索結果の上位に表示させる方法も あまり長く続くとは思えません。

インターネットでの情報伝達速度は想像以上に早いので、 先行者利益を得ようと思えば、早めに行動された方が 良いと思います。

それでは、今日はここまでです。 

次回は、「熾烈な争奪戦!早い者勝ち情報その2」と題しましてお届けいたします。

2007年12月05日

ヤフーの最近の傾向と対策について

寒さが本格化してきました。私は、最近の運動不足のせいか、ぎっくり腰と風邪を併発してしまいました(T T)。。

皆様は、くれぐれもお体にはお気を付け下さい。

さて、今回は、検索エンジンの最大手、「ヤフーの最近のシステム変更とその対策について」です。

あまりインターネットをされない方にとっては、今回のタイトルのネーミングから、難しそうとか、専門的な事みたいだから自分には関係ない!?と思われるかもしれません。

しかし、インターネットを通して少しでも集客をしたいと考える場合には、避けては通れない問題ですので、是非がんばりましょう!

ネットに詳しい方は、すでにご存じかも知れませんが、10月にヤフーのアルゴリズム(検索結果の表示方法)が変更になりました。

変更の前後の検索結果を私なりに分析したところ、次のことが分かりました。

1.ブログが検索結果の上位に表示されにくくなっている。

2.ドメイン(ホームページのアドレス)を取得してからの経過日数が多いものを重視する傾向が、より一層強くなった。

3.タイトルにキーワードを詰め込みすぎたものは敬遠され、大幅に順位を落としているサイトが多い。

細かな点は、他にも幾つかあるのですが、目立ったところは上記の3点です。

1.のブログの評価が下落している点についてですが、少し前までは、ブログは検索エンジンとの相性が良いと言われていた為、そう言った情報を知っている人の中には、ホームページを敢えてブログで作る人もいました。

実は、このホームページ( http://kabu-kaisha.com  )もMT(ムーバブルタイプ)というブログで作っています。

しかし、ブログは気軽に作れるということで、アフィリエイター(商品を紹介して広告主から成功報酬をもらう人)を中心に量産され過ぎた為でしょうか?明らかにヤフーからは嫌われる傾向にあります。

対策としては、今まで通りのHTML(ホームページを記述するための言葉)による通常のホームページを作ることだと思います。

これは、「ホームページビルダー」等の作成ソフトがあれば、初心者の方でも比較的簡単に作ることが出来ます。

2.のドメイン(ホームページのアドレス)の経過日数については、どうにもならない感じもしますが、これから新しくホームページを作る場合は、内容がまだ固まっていなくても、ホームページを作ろうと決めた時点で、まずはドメインだけでも早めに取得しておくのが良いでしょう。

また、一部では、古いドメインの売買が行われているようですが、万が一、悪い評価のドメインを取得してしまうと、その悪い評価まで一緒に引き継いでしまいますので、要注意です。

3.のタイトルへのキーワードの詰め込みすぎに関する点ですが、やはり欲張り過ぎは良くないですね・・・。

これは、実は私自身が経験したのですが、タイトルをシンプルにした結果、順位が上昇しました。

今現在、検索結果の上位にいる人のタイトルを見ると、軒並みキーワードを絞ったシンプルなタイトルのサイトが多くなっています。

今回は、ここまでに致します。
色々と偉そうなことを、書いてしまいましたが、私自身ネットでの集客はまだまだで、勉強中の身ですので、ご指摘やご意見は大歓迎致しますので、お気軽にご連絡ください。

次回は、今が本当に狙い目な広告手段についてです。

2007年12月03日

会社設立後のネット集客について

12月に入り、今年も残り1ヶ月を切りました。

そろそろ年賀状の準備をしたり、忘年会などで年末にかけて何かと忙しい時期ですが、悔いの無いよう目標に向けてしっかり取り組んでいきたいものです!

さて、今日のテーマは、『会社設立後のネット集客』についてです。

少 し専門的な話になってしまいますが、インターネットでの集客をお考えの場合は、例え業者に依頼するにしても最低限の知識を付けておかないと、業者のいいな りになって余計な費用を払うことになってしまう可能性がありますので、苦痛ではあるかもしれませんが、がんばる価値はあると思います。

紙媒体の広告に比べると、費用を抑えて会社のPRが出来るということでネットを駆使した集客は注目を集めていますが、最近では、競争が熾烈になってきており、戦略を持って取り組まないと勝負にならなくなってきています。

PPC広告(代表的なものは「アドワーズ」や「オーバーチュア」など)と言って、クリックされる毎に課金される広告は、手軽に始められますが、単価はウナギ登りに上昇しています。

PPC広告では、キーワードに何を選ぶかが、勝負の分かれ目になるのですが、ここで抽象的な言葉だけをキーワードに選んでしまうと、単価が高いために費用倒れになってしまう恐れがあります。

そこで、抽象的な言葉に地域名をプラスして、たとえば「化粧品」だけではなく「化粧品」+「表参道」としたり、具体的な商品名を入れたりして、どんどん細 分化していくと費用が抑えられるだけではなく、そうしたキーワードで検索をする人というのは明確な目的を持って検索をしていますので、お客様になる確率の 高い人を見つけられます。

まずは一度時間を取って、考えられる限りのキーワードを書き出す作業が必要です。

ネットでの集客に成功している会社などは、マイナーなニッチキーワードを数千から数万語を登録しているとも言われています。

気が遠くなりそうですが、まずは少しずつでも根気よく続けることが大切だと思います(自戒の意を込めて・・・(^^;))。

ネット集客は、私の本業ではないのですが、起業家支援を仕事としている関係上、それなりの勉強をしており、
まだまだお話をすることは沢山あるのですが、今回は、ここまで!続きは次回に致します。

会社設立無料メールセミナー

株式会社設立で損しない為に!
株式会社設立を成功させるための急所を5日間に渡ってメールでお届けします。是非参考になさって下さい!
お名前
メールアドレス