株式会社設立を代行/千葉県・福岡県

株式会社を会社分割(新設分割)する手順

株式会社を分社化する場合、会社を新たに設立しての事業譲渡によって行うのか、会社分割(新設分割)によって行うのかの2つの方法が考えられますが、今回は新設分割の手順をご案内いたします。

※小規模の企業の場合は、事業譲渡の方法がスムーズだと思われます。

手順は、主に次のような流れとなります。

①新設分割計画書の作成
定款、役員、承継する権利義務、分割対価、新株予約権(新株予約権を発行している場合)などを定める必要があります。

②新設分割計画に関する書面等の備置き(事前開示)
分割会社は、分割設立会社の成立日後6ヶ月を経過するまでの間、記載又は記録した書面若しくは電磁的記録を、本店に備え置く必要があります。

③新設分割計画の承認
通常は株主総会の特別決議が必要ですが、分割設立会社に承継させる資産額が分割会社の総資産額の20%を超えない場合は、特別決議での承認を省略することができます(簡易分割)

④新株予約権の提供公告及び通知
新株予約権を発行していて、分割により新株予約権が消滅する場合のみ、効力発生日の1ヶ月前までに新株予約権者に対して定款記載の方法で公告し、かつ格別に通知する必要があります。

⑤株式買取請求
③の決議後2週間以内に、全ての株主に対して新設分割をする旨等を通知または公告する必要があります。 ※新株予約権を発行している場合は、新株予約権者へも同様に行う必要があります。

⑥債権者異議手続
異議を述べることができる債権者がいる場合には、その債権者に対して官報公告と、各別の催告(定款に記載されている公告方法を行うことで省略可)を行い、1ヶ月以内に異議を述べることができる旨を伝える必要があります。

⑦登記
法務局により異なりますが、完了まで2週間前後かかります。

⑧新設分割に関する書面等の備置き(事後開示)
分割会社と分割設立会社は、分割設立会社の成立日後6ヶ月を経過するまでの間、記載又は記録した書面若しくは電磁的記録を本店に備え置く必要があります。

株式会社の会社分割(新設分割)については当事務所でサポートできます。
お気軽にご連絡ください。

▼まずは、こちらからお問合せ下さい

jimuno.PNG 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
株式会社設立の相談会はこちらから!
株式会社設立代行千葉・福岡メリットセンタートップページへ

当センターのサポート

会社設立無料メールセミナー

立ち上げで失敗しない為に!
株式会社の設立を成功させるための急所を、5日間に渡ってメールでお届けします。是非参考になさって下さい!
お名前
メールアドレス

株式会社設立のメリットと
デメリット

当株式会社設立事務所の利点

株式会社設立代行リンク集

弊社主催セミナー