株式会社設立を代行/千葉県・福岡県

Q.会社の印鑑を作るにあたっての制限や注意点等はありますか?

会社の印鑑には、下記のような種類があります。
会社印の種類とその内容
会社印の種類内容
代表者印会社の実印にあたり、最も重要な印鑑です。印影は本店所在地を管轄する法務局に登録する必要があります。
銀行印金融機関に届け出る印鑑で、通常は代表者印よりも若干小さめの印鑑になります。
角印会社の認印にあたり、請求書や領収書、納品書などに使用します。
ゴム印縦書き用と横書き用があり、通常は住所、会社名、連絡先、代表者名などの項目を入れます。
スタンプ印頻繁に使用する場合には、ゴム印よりもインク内蔵式のスタンプ印の方が便利です。

上記会社の印鑑の中で、株式会社の設立登記をするにあたって、必ず必要になるのが代表者印ですので、代表者印のお話を致します。

代表者印は、大きさに制限があり、一辺の長さが10mmを超えていて、尚且つ30mm以内の大きさでなければ登録出来ません。

また、注意すべきこととして、販売店や材質などによっては、注文してから出来上がるまでに1週間以上かかってしまう場合がありますので、日程的に余裕がない場合には、商号調査を終えて商号を決定次第、早めに注文する必要があります。

余談ですが、印鑑の材質による値段は、一般的には拓植、黒水牛、オランダ水牛、象牙の順に高くなります。

会社印に入れる文字についての制限はありません。ですので、アルファベットやカタカナの会社名であっても漢字やひらがなに変換する必要は無く、そのままの文字で印鑑を作ることが出来ます。


▼まずは、こちらからお問合せ下さい

jimuno.PNG 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
株式会社設立の相談会はこちらから!
株式会社設立代行千葉・福岡メリットセンタートップページへ

当センターのサポート

会社設立無料メールセミナー

立ち上げで失敗しない為に!
株式会社の設立を成功させるための急所を、5日間に渡ってメールでお届けします。是非参考になさって下さい!
お名前
メールアドレス

株式会社設立のメリットと
デメリット

株式会社の設立手順と電子定款

当株式会社設立事務所の利点

株式会社設立代行リンク集

弊社主催セミナー