株式会社設立を代行/千葉県・福岡県

Q.資本金はいくらに設定するのが良いでしょうか?

資本金の規制は、新会社法になり撤廃されたので、資本金を一円として、一円会社とすることもできますが、融資を受ける場合や会社の信用面を考慮する場合は、可能な限り資本金は多めに設定した方が良いです。

また、業種によっては、人材派遣業(資本金が最低一千万円以上必要)のように、許認可の要件に資本金の下限が決められている場合があります。

ただし、資本金を一千万円以上とする場合は、注意が必要です。

まず第一に、初年度から消費税の課税事業者となり、資本金が一千万円未満の会社が受けられる設立から2期分の免税メリットが受けられません。

*開業にあたり、店舗や設備などで多額の設備投資をする場合には、預かる消費税よりも支払う消費税の方が多くなるので、この様な場合は逆に免税を選ぶよりも課税事業者となった方がお得です。

さらに、資本金が一千万円を超えると、法人住民税の均等割額が最低額の7万円から18万円に跳ね上がります。

従いまして、預かる消費税よりも支払う消費税の方が多い場合を除いて、税法上のメリットを最大限に受けつつ信用力を高めるためには、株式会社設立当初は、資本金額を一千万円未満の範囲で、可能な限り大きい金額にするのが最もお勧めです。

尚、資本金を含む純資産額が300万円未満の株式会社では、株主への配当が禁じられていますので、出資者に対して当初から配当を約束しているような場合は、少なくとも300万円以上の純資産額を確保することが必要になります。

*このページの一番上にスクロールして左側にある「無料メールセミナー」にご登録して頂くと、資本金についての更に詳しい内容をご紹介しておりますので、ご興味のある方は登録して参考になさって下さい。

▼まずは、こちらからお問合せ下さい

jimuno.PNG 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
株式会社設立の相談会はこちらから!
株式会社設立代行千葉・福岡メリットセンタートップページへ

当センターのサポート

会社設立無料メールセミナー

立ち上げで失敗しない為に!
株式会社の設立を成功させるための急所を、5日間に渡ってメールでお届けします。是非参考になさって下さい!
お名前
メールアドレス

株式会社設立のメリットと
デメリット

株式会社の設立手順と電子定款

当株式会社設立事務所の利点

株式会社設立代行リンク集

弊社主催セミナー