株式会社設立を代行/千葉県・福岡県

検査役の株式会社設立時役割

検査役とは、変態設立事項(現物出資、財産引受、発起人が受ける利益その他の報酬、株式会社の設立に関する費用)の調査をする人をいいます。

変態設立事項を定款に定めた時は、公証人の認証の後に、遅滞なく、裁判所に検査役の選任の申立てをしなければなりません。

しかし、現物出資と財産引受に関しては、以下の要件を満たす場合には検査役選任の手続きが不要となります。

  • 現物出資・財産引受の 目的財産の価額が500万円を超えないとき。
  • 現物出資等の目的財産が「市場価格のある有価証券」であり、その価格が有価証券の市場価格を超えないとき(上限価格ナシ)。
  • 現物出資等の目的財産の価額が相当であることにつき、弁護士・弁護士法人・公認会計士・監査法人・税理士・税理士法人のいずれかの証明を受けたとき(上限価格ナシ)。
検査役の調査は非常に煩雑な手続きになるのですが、これらの制度があるお陰で、こと現物出資と財産引受に関しては、裁判所の検査役の調査というものは実際のところは、骨抜きの規定になっています。

株式会社設立代行千葉メリットセンターホームへ戻る

▼まずは、こちらからお問合せ下さい

jimuno.PNG 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
株式会社設立の相談会はこちらから!
株式会社設立代行千葉・福岡メリットセンタートップページへ

当センターのサポート

会社設立無料メールセミナー

立ち上げで失敗しない為に!
株式会社の設立を成功させるための急所を、5日間に渡ってメールでお届けします。是非参考になさって下さい!
お名前
メールアドレス

株式会社設立のメリットと
デメリット

株式会社の設立手順と電子定款

当株式会社設立事務所の利点

株式会社設立代行リンク集

弊社主催セミナー