株式会社設立を代行/千葉県・福岡県

株式会社の決算公告

決算公告とは、大会社(資本金5億円以上または負債総額200億円以上の会社)であれば貸借対照表と損益計算書、それ以外の会社は、貸借対照表を公告することをいいます。

決算公告は、すべての株式会社で行う必要がありますが、新会社法になる以前の有限会社(特例有限会社)は、決算公告を義務付けられていません。

株式を上場していない会社においては、実際には殆どが決算公告を行っていないという現状がありましたが、最低資本金制度が撤廃されて、適切な財産状況を開示する必要性が高まっていることから、今後は決算公告がいっそう厳格に要求されると考えられています。

決算公告の方法としては、官報日刊新聞紙による場合のほか、電子広告(ホームページに掲載する方法のこと)によることも認められています。

官報、日刊新聞紙による決算公告の場合は、1年に一度、貸借対照表(大会社はこれにプラスして損益計算書)の要旨のみを掲載すれば大丈夫ですが、電子広告による決算公告の場合は、貸借対照表(大会社はこれにプラスして損益計算書)の全文を5年間継続して掲載しなければならないという違いがあります。

費用的には、電子広告<官報<日刊新聞紙の順で一般に高くなります。


株式会社設立代行千葉メリットセンターホームへ戻る

▼まずは、こちらからお問合せ下さい

jimuno.PNG 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
株式会社設立の相談会はこちらから!
株式会社設立代行千葉・福岡メリットセンタートップページへ

当センターのサポート

会社設立無料メールセミナー

立ち上げで失敗しない為に!
株式会社の設立を成功させるための急所を、5日間に渡ってメールでお届けします。是非参考になさって下さい!
お名前
メールアドレス

株式会社設立のメリットと
デメリット

株式会社の設立手順と電子定款

当株式会社設立事務所の利点

株式会社設立代行リンク集

弊社主催セミナー