株式会社設立を代行/千葉県・福岡県

監査役の役割

監査役とは、その名の通り会社の監査を行いますが、監査の内容は2種類あります。
  1. 業務監査
    取締役の職務の執行が、法律や定款に違反していないかどうかを監査します
  2. 会計監査
    財務諸表等の会計記録が、会社の財政状態を適正に表しているかどうかを監査します

原則として、監査役は業務監査権限と会計監査権限の両方を持っていますが、株式譲渡制限会社であって、監査役会・会計監査人を設置しない場合には、定款で会計監査権限のみに限定することも可能です。

この場合には、監査役設置会社とはみなされなくなり(会社法2条9号)、株主が業務監査と株主総会の招集をすることができるようになります。

監査役の任期は、選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時総会の終結の時までですが、株式譲渡制限会社では、定款に定めることにより、10年まで伸ばすことが可能です。


株式会社設立代行千葉メリットセンターホームへ戻る

▼まずは、こちらからお問合せ下さい

jimuno.PNG 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
株式会社設立の相談会はこちらから!
株式会社設立代行千葉・福岡メリットセンタートップページへ

当センターのサポート

会社設立無料メールセミナー

立ち上げで失敗しない為に!
株式会社の設立を成功させるための急所を、5日間に渡ってメールでお届けします。是非参考になさって下さい!
お名前
メールアドレス

株式会社設立のメリットと
デメリット

株式会社の設立手順と電子定款

当株式会社設立事務所の利点

株式会社設立代行リンク集

弊社主催セミナー